FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近は様々な新しい治療法や予防法が開発されてきています。
その中でもあまり知られていないものに経口薬によるマダニ予防や注射によるフィラリア予防の方法があります。
マダニ予防は古くは薬を浸み込ませた首輪から始まり、現在は皮膚に滴下しておくとひと月くらい効くスポットオンタイプの予防薬があります。
最近はそれらスポットオンタイプのほかに飲み薬でマダニ予防ができる薬もあります。
スボットオンタイプは体表に薬が広がるので室内で人の乳幼児との接触があるなどの環境では注意が必要ですが、ワンちゃんの血液中に薬が分布する飲み薬はその点安心です。
一度飲ませると3か月効いている点も便利です。
またフィラリア症の予防では従来月一回の飲み薬の他に、一度注射するだけで1シーズンの予防ができる薬が出来ています。
毎月飲ませる手間がなく、飲み忘れる心配もないのが利点です。


スポンサーサイト
寒くなるとトイレが近くなるのは我々も良く経験しますね。
 
動物たちも冬に尿道炎や膀胱炎の受診が増えます。

札幌の場合、積雪期になると尿の色が分かりやすくなり、血尿などの異常を発見しやすいと言う事情もあるかもしれません。

頻尿や残尿感からおしっこをがまん出来なくなり何度もトイレに行く。

おしっこの切れが悪く、もう出ないのに排尿姿勢のまま頑張っている。

尿の色や匂いが変わる。などの症状は要注意です。

尿路の炎症は放置すると症状がはっきりしなくなり一見治ったかのように見えますが実は慢性化してしまいます。

異常に気付いたら検査用に尿をなるべく清潔に採取して時間をおかずにお持ちください。

ネコちゃんには尿道が詰まっておしっこが出なくなる病気も多く、やはり冬に多発する傾向があります。

おしっこは1日出ないだけで元気・食欲がなくなり嘔吐したり容態は急激に悪化します。

気づいたらすぐに受診して下さい。

2013.11.12 膝蓋骨の脱臼
うちの病院には整形外科の手術を希望して来院される患者様が多くいらっしゃいます。
骨折や腱の断裂・損傷と並んで多いのが関節の脱臼です。
股関節、肘、顎などの脱臼もありますが、何と言ってもワンちゃんに多いのは膝のお皿(膝蓋骨)の脱臼です。
小型犬には内側脱臼が、大型犬には外側に脱臼するものが多いです。
先日もトイプードルの8カ月で最も重度なタイプの患者様が利尻島から来院されました。
通常の手術手技のみでは整復することが出来ないタイプです。
複数のオプションに適応できるように準備して手術をはじめましたが、想定の範囲内で整復することが出来ました。
しかしこのワンちゃんももう少し早い段階で受診していただいていたらここまで重症になる前に対応出来た筈です。
膝蓋骨の脱臼には様々なタイプがあり、一見無症状に見えるもの、時々スキップするような歩き方をするもの、へっぴり腰のように後足を内旋させて力ない歩き方をするものなど様々です。
成長期に気が付かずにいると一気に進みます。
症状が軽い場合手術をためらわれるケースも多いのですが、後日関節炎や腱断裂のリスクが高まりますので早期に手術をした方が良い例が多いのです。
ごく若い仔犬の場合には屈伸運動を介助してあげることで手術しないで治せる場合もあります。
歩き方が変かも!?と思ったら受診されることをお勧めします。
こんにちは!看護師の森谷です^^

先日、アニマルセラピーに参加してきました☆

ブログでもおなじみ院長の愛犬ノイリーと獣医師竹内先生と一緒に

吹雪の中、竹内先生の運転で(先生は宮崎大学在学中に免許を取った雪道初心者!!)

命がけで真駒内の老人ホームにおじゃましてきました!笑


ノイリー2

赤いスーツがとってもよく似合いますね♪ いってきまーす!


アニマルセラピーは札幌獣医師会の活動のひとつで

いろんな動物病院のスタッフさん、わんちゃん、ねこちゃんたちでボランティアで行なっています

普段動物に触れる機会の少なくなってしまったおじいちゃんおばあちゃんたちに

実際に動物に触れてもらったり、抱っこしてもらったりして(ノイリーはさすがに抱っこは無理ですが^^;)

少しでも笑顔になってもらえればと思い、緑が丘動物病院も参加させていただいています


ノイリーも最初は少し戸惑っているようでしたが、優しくなでなでしてもらったり

ふわふわだね~かわいいね~とたくさん褒めてもらえたので最後までがんばりました♪

わたしもたくさんの方に喜んでもらえたのでうれしかったです☆

2012100914100000.jpg

↑前回看護師の吉中さんとノイリーが参加したときの写真♪

ノイリー

雪道で揺れるクルマでも一生懸命踏ん張ってました^^; お疲れ様ノイリー♪
こんにちは!管理人です。

今週は雪が降るかもということで、みなさん暖かくお過ごしですか?

本州から来た管理人には厳しい季節がきました・・・

さて、、、

今日は、病院のアイドル、スタンダード・プードルの「ノイリー」が、

シャンプー&トリミングをしていたので、その模様を写真とコメント添えてお届けです。

★本院では、基本的には、病気の子などで、

どうしてもトリミングが困難な小さいワンちゃんを限定してお預かり

し、手術の時間中に出来る範囲でトリミングをさせていただいています。

ノイリーだけ例外です(^^ゞ

やっぱり大きい子は、なかなか大変なようで、、

圧巻の光景に仕上がりました(笑)

ノイリートリミング11月

総勢何人でやってるんだ・・・

そして、獣医学部の実習生の子も参加しちゃっています(笑)

ピンクエプロンは動物看護師/トリマーさんです★

IMG_6029.jpg
顔の毛もずいぶん伸びました。食事や水飲む時に汚れないように短くカットしまーす♪

IMG_4402.jpg
あなたは、どなた?(?_?)

IMG_6291.jpg
シンクもノイリーが入るとキツキツ。小さい子なら余裕で入るシンクなんですけどね☆彡

IMG_4514.jpg
シャンプーのあとはトリミングです。丁寧に切っていくのですが、切る面積が広そうです(^_^;)

IMG_4547.jpg
トリミング終了です~!可愛くなったね、ノイリー!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。