FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.03.26 フードの鮮度
最近は食の安全志向の高まりから、ペットフードの添加物にも関心が向けられています。

結果として保存料や酸化防止剤などを含まないフードが人気です。

しかし当然それらのフードは開封後の賞味期間は短いものです。

ところがお得だからと、食べきるのに開封後2カ月以上も掛る大きい袋のものを買われる方がいらっしゃいます。

そう言うケースで血液検査で肝臓の数値が高い動物が多いように思います。

小袋に変えてもらうだけで正常値に戻る例もあります。

パッケージに書かれている賞味期限は未開封の場合の表示です。

開封後は袋の口をしっかり閉じ、冷暗所に保存して短期間で食べきるようにしましょう。

院長 藤田

スポンサーサイト
やっと札幌にも春の気配を感じるようになってきましたね♪

道路の脇にうず高く積み上げられた雪の壁もどんどん溶けているようです。

今日はいたるところで川のように雪解け水が流れていました。

ちょうどそんな頃は動物たちがお腹を壊してよく来院します。

おそらく雪の下から出て来た腐敗物などを拾い食いしてしまうのが原因ではないかと考えています。

散歩中など十分注意してあげてください。

私の愛犬ノイリー(スタンダード プードル)も一生懸命しつけましたが、大好物が落ちていると私の目を盗んで拾い食いすることがあります。

そんな時は私が気づいていなくても申し訳なさそうに上目使いで尻尾を振ってくるので

「あっ!拾い食いしたな!!」とばれてしまいます。

今日彼女の便が少し緩かったのはあるいは、、?

院長 藤田

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。