FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
寒くなるとトイレが近くなるのは我々も良く経験しますね。
 
動物たちも冬に尿道炎や膀胱炎の受診が増えます。

札幌の場合、積雪期になると尿の色が分かりやすくなり、血尿などの異常を発見しやすいと言う事情もあるかもしれません。

頻尿や残尿感からおしっこをがまん出来なくなり何度もトイレに行く。

おしっこの切れが悪く、もう出ないのに排尿姿勢のまま頑張っている。

尿の色や匂いが変わる。などの症状は要注意です。

尿路の炎症は放置すると症状がはっきりしなくなり一見治ったかのように見えますが実は慢性化してしまいます。

異常に気付いたら検査用に尿をなるべく清潔に採取して時間をおかずにお持ちください。

ネコちゃんには尿道が詰まっておしっこが出なくなる病気も多く、やはり冬に多発する傾向があります。

おしっこは1日出ないだけで元気・食欲がなくなり嘔吐したり容態は急激に悪化します。

気づいたらすぐに受診して下さい。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。