FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みなさんこんにちは!

北海道も本格的に寒くなってまいりましたが皆様いかがお過ごしでしょうか

病院でも、お洋服を着ているワンちゃん、キャリーケースの中でふかふかあたたかそうなお布団に包まれているネコちゃん多くなりました


2月になり、間もなくバレンタインデーがやってきますね!

とても心温まる楽しいイベントですが、この時期はチョコレートを食べてしまった!というワンちゃんネコちゃんがよく病院に来院されます。。。

 

食べ物の中毒の中では皆様によく知れ渡っているであろうチョコレート中毒ですが、改めてその原因物質や症状についてご説明させていただきます!

 

チョコレート中毒の原因となる物質は『テオブロミン』という物質です。

犬や猫は人に比べてテオブロミンの代謝能力が低いため、チョコレート中毒が起こりやすいと言われていますまた、チョコレートにもいろいろな種類がありますが、同じ量でもテオブロミンを多く含むダークチョコレートのほうが中毒を起こす危険性が高いです

 

 チョコレート中毒には以下のような症状があります。

l  落ち着きがない

l  息が荒い

l  流延(よだれがでる)

l  震え

l  嘔吐、下痢

l  ふらつき

l  痙攣


 

もしチョコレートを食べてしまったら、症状が出ていなくてもなるべく早く動物病院へご相談下さい!

また、ワンちゃんネコちゃんになるべく手の届かないところへ保管し、可愛くおねだりしてきても、あげないようにしましょうね



スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。