FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日骨髄の病気で非再生性の貧血になってしまったミニチュアダックスの治療のため輸血が必要になりました。

御近所で飼育されているセントバーナードが献血してくれることになり採血に伺いました。

いただいた血液を輸血前の検査にかけたところ、そのセントバーナード、フィラリアにかかっていることが判明!!

その子は予防をしていなかったそうです。

最近飼い主様の意識の高まりにより予防率が上がり、札幌では以前に比べフィラリア症のワンちゃんを診る機会が減りました。

しかしやっぱり予防しないと感染する危険が高まります。

一度注射すると12カ月予防効果が続く薬も発売され、今までの飲み薬による予防以外の選択肢も増えました。

12カ月効く、と言うことは従来のように春に一斉に予防を始める必要はありません。

一年中いつ注射しても良いことになります。春の病院の混雑も緩和されるかもしれません。

飲み薬をなかなか飲んでくれないワンちゃんでも年に一度病院で注射するだけです。

まだ発売されて日の浅い薬なので今後副作用情報などを収集し採用していくか現在検討中です。

ご興味のお有りの方はお問い合わせください。

院長 藤田         

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。