FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近ヒトでダニが伝播する【重症熱性血小板減少症候群SFTS】なる新規ウイルス病が話題になっています。

ダニからだけでなく、感染した患者の血液や体液を介して人から人への感染も報告されています。

今のところ動物で発症するかは不明です。

しかしダニに咬まれることが多い哺乳類からも抗体が見つかっており、感染は成立するようです。

発見されて新しい病気であり、いまだ情報が少ない状況です。

動物も発症するのか?

感染した動物の血液や体液から人に感染する可能性があるのか?

今後の情報に注意する必要があります。

またワンちゃん、ネコさんには他にもダニに咬まれることでうつる病気があります。

現在日本で見られるのはライム病、バベシア症、ネコ伝染性貧血症、Q熱などです。

ライム病やQ熱は人獣共通伝染病です。

病気を媒介するマダニは北海道にも多数生息しています。

春先になるとうちの病院にもダニをつけたワンちゃん、ネコさんが多く来院します。

ダニの活動が始まる前、札幌では4月始め頃から予防しておくと安心です。

月に一度皮膚に付ける薬が使いやすいでしょう。

製品によっては北海道のダニにあまり効果がないものもありますのでご相談ください。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。